デザインできる展示ケース「apdic」は、展示品によって様々なシーンで活躍します

目的から探す展示ケース

展示品から合うケースを探す

  • 湿度対策を考えたい
  • 細部まで見せたい
  • サイズ感、丈感が違う
  • 展示品を定期的に変更、または展示品が未定

展示する施設から探す

  • 公共施設
  • 会社・オフィス
  • 店舗
  • 住宅

Free&Flexibleな展示ケース登場
FS-1800 他方向から鑑賞することができるケース
FS-1800
FS-1800の詳細はこちら
 

展示ケース「apdic」とは

apdicはお客様と一緒につくっていく、デザインできる展示ケース

私たちは展示品に合わせてケースはあるべきだと考えています。
「誰でも自由に見せたいものを展示する。」
apdicシリーズはお客様の展示品を魅せるイメージの手助けになる基本型のケースです。
そこへこれまで培ってきたノウハウをベースにお客様のご要望にお答えするための
準備・ご提案をさせていただきます。
私たちの考える「魅せる」ケース造りとは、引き算のやり方で余計はものをあえて省くこと。
お客様が考える足し算によって付加価値を高められるようにapdicシリーズを設計しました。

apdicケースの特徴

完成までのプロセス

1.アイデアを付加し、デザインできる 2.展示品にあうディスプレイの提案 3.免震ケース対応可 完成までの流れ 相談→プランニング→製作→完成

展示ケースの選び方

調湿対策 をお考えなら

紙/布/木 等
LD-1500 FS-1800
丈の高い品 をお持ちなら

楽器/花瓶/壷 等
TW-600 FH-01
細部まで見せたい品 をお持ちなら

巻物の内容/
グラスの柄 等
LD-1500 CB-450
サイズ感、丈感が違う品 をお持ちなら

絵画(大)と画材(小)/
壷(高い)と本(低い) 等
FS-1800 FH-01
サイズの小さいものを複数点 お持ちなら

企業商品/
メダル・トロフィー 等
FH-01 CB-450
際立たせたい逸品 をお持ちなら

一輪挿し/宝珠/
記念品 等
TW-300 CB-450
展示品を定期的に変更 または
展示品のサイズ等は未定の場合

楽器から陶器への変更/
花瓶から文状への変更 等
TW-450 FS-1800

展示のイメージをマンガでご案内。